FC

ロックマン2 Dr.ワイリーの謎:レトロゲーム人気のおかげで最近10まで続いている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ロックマン2 Dr.ワイリーの謎

カプコンから1988年12月24日に発売された、ファミコンソフト「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」。

このゲームは、主人公ロックマンがDr.ワイリーの悪さを阻止する非常にわかりやすいゲームです。操作も単純で、移動とショットとジャンプのみ。ジャンプ中は空中であればある程度、操作が可能です。現在シリーズは10まで続いていますが、2はまだショット溜め打ちやスライディングのアクションがないシンプルなロックマンです。

難しさの先にある中毒性


ロックマンは、最後までクリアするのが非常に難しいシリーズで、ステージの罠などを完全に把握して対応しないといけないゲーム(覚えゲー)になります。初回でクリア出来る人はまずいないぐらい、ステージや敵の配置が嫌らしい箇所が何箇所もありますwただこのゲーム、やればやるほど罠を把握して先に進めてしまう絶妙なバランスを持っています。諦めなかったからこそ先が開ける、まるで人生のようなゲームw

子供が好きになる要素

シリーズが10まで続くのもロックマンが発売してから一貫している事があります。

ステージに最後には必ずボスがいる

ステージを選ぶとまずはボスが決めポーズで挑発w
ロックマン2ロックマン2

ボスキャラは募集していた

キン肉マンでもありました、子供たちが考えた敵ボスをハガキで送るとそれが実際のボスとして登場。確か2から6ぐらいまでは募集していたかと思います。もしかして自分が考えたボスがゲームに登場したら!?とワクワク参加出来る楽しみがありました。

8bit music!

少し前ですが、ニコニコ動画のヒャダインが有名になったきっかけの一つにロックマン2の曲がありました。ファミコンの音源は独特の電子音で今のゲームから比べると奏でる音は極端に少ないですが、各ステージに合わせた曲は今になってもカッコよく、曲を聞くだけでゲームをクリアする苦労も思い出して色んな感情になります。

水戸黄門のようなベタな流れ

わかりやすい正義vs悪のストーリーで最終的にワイリーを倒すのですが、単純でわかりやすいです。ロボットに感情が芽生え、人間と対立するような少し重い話も出てきますが2にはそこまでの複雑さはありません。

できれば・・・

ファミコン全般にいえますが少ない容量で当時そこまで熱中出来たのは、ストーリー、キャラクター、音楽、操作性と、全てにおいてバランスが良かったからだと思います。最近はPS4などでも遊べますが、ファミコンとロックマン2のカセットで本物を遊ぶのも当時を思い出しておすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ファミコンソフト ロックマン2 (箱説なし)
価格:1590円(税込、送料別) (2017/12/14時点)






【ヤフーショッピング:広告】

コメントを残す

*