PS4

モンスターハンターワールド:体験版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
モンスターハンターワールド

カプコンから2018年1月26日に発売される、PS4/XboxOne/PC用ソフト「モンスターハンターワールド」。

実際の恐竜世界に迷い込んだようなグラフィックの美しさはそれだけでも没入感あり。
またアクションの老舗カプコンが製作しているので面白さも保証付き。
そんなモンスターハンターワールドですが、いち早く12月10日に体験版で遊べます!
※日本でのベータ版配信は12月10日早朝になると公式Twitterで発表がありました。海外は少し早く9日らしいです。

参加するには?

PS4Plusに加入している方であれば誰でもDLが出来て遊べます。
PS4Plusとは
PS4から一部のコンテンツを除きオンラインマルチプレイを楽しむ場合に必須になります。
※PS3はPlusが無くてもオンラインマルチプレイも無料だったのに・・・!

何が遊べる?

体験できるクエストは、これまでのイベント体験会などで公開されている
ドスジャグラス(古代樹の森)
アンジャナフ(古代樹の森)
ボルボロス(大蟻塚の荒地)
の3つのクエストをプレイすることが可能です。

期間は?

3日間を予定しているそうですが、以前は9日からとの情報があったので日本は遊べる日数が減るかも?
(ブログ更新時点では公式発表はありませんでした)

初心者です

散々モンハンを褒めてましたが実はモンハンの経験があまりなく、友達の意見を流用してますw ほぼ初心者と言って良い筆者がなぜ、今回のモンスターハンターワールドに興味を持ったかというと、

まずは、「国産タイトル!」
最近ゲーム機が進化しすぎてグラフィックの作り込みが海外メーカーに負けています。
8bit時代のゲームはいかに容量の範囲内で面白さの工夫をするかみたいな競い合いで
そういうのは日本メーカーが得意としていたところです。

ですが、海外メーカーはその当時から読み込み時間よりも面白さや綺麗さなどハードの限界を追求してたおかげで?ハードが良くなるにつれて、今なんてリアル過ぎて怖いぐらい。あるゲームは映画を作る以上の費用がかかるものもあります。それに比べて日本は、昔元気だったメーカーはほとんど吸収合併されているか消えてしまう道しかないほど・・・

カプコンはそんな日本の中でもまだしがみついて頑張っている企業です。
そんなカプコンの本気をこの間の動画で魅せてくれました。

そして「プレイヤーキャラの作成!」
TGSで詳しく紹介していたキャラクターの作成が凄い!
自分が操作するキャラクターの顔や体型などを細かく自分好みに変更できるゲームは過去にもありましたが筆者が知ってる限りではかなり細かく設定が出来てクオリティが高いです。多分、キャラ作成時点でお腹いっぱい(遊び疲れる!)になるぐらいの設定量だと思います。

「新しい試み!」
今回のワールドは以前のシリーズから更に遊べる要素が増えているようで、初心者にも入りやすいのでは?と感じています。詳しくないのでどんな要素が増えているかわかっていないのですがw

新しい要素として導蟲(しるべむし)というのがあります。その虫は、モンスターが移動した「痕跡」を知らしてくれます。それを頼りに、モンスターがいる場所まで、壮大な世界から見つけ出さなければいけません。前回までのモンハンは、限られたMAP内を探索する形でした。

さらに今回は草むらなどに隠れるとモンスターから気づかれる事がなくなったり、岩や障害物をぶつけて攻撃したり炎を怖がったりするとのこと。モンスターハンターワールドは、よりリアルな空間を作り出しているみたいです。

なにか情報が入り次第、またはプレイ出来たらお知らせします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンスターハンター:ワールド 通常版
価格:8049円(税込、送料無料) (2017/12/14時点)






【ヤフーショッピング:広告】

コメントを残す

*