FC

ドラゴンクエスト:メモらなくてもよい時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ドラゴンクエスト

エニックスから1986年(昭和61年!)5月27日に発売された、ファミコンソフト「ドラゴンクエスト」。

ドラクエのレビューの前に筆者の思い出話を少し。。。

筆者がまだ小さい頃(当時まだチャンネルがリモコンではなく、ガチャガチャと回すタイプだったw)、テレビが、本やラジオよりも一番の娯楽でよく観てました。

そんなテレビの中を自由に飛んだり跳ねたり戦ったり出来るテレビゲームは、子供に筆者からすると夢のマシンで未来を感じるものでした。

そんなスゲーゲームを親から買っていただいたという意識が非常に強く、またお金的にもそんなにポンポンと買えないので買うソフトはかなり厳選して大事に遊ぶクセが付いていました。

なので家には未だにファミコンソフトなどのゲームソフトはよっぽどの事がないかぎりは家にありました。
ソフトを貸して帰って来なくなったもありますがw

レトロフリーク

そんな中、素晴らしいハードを発見!それがレトロフリークです!
これは、ファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ(カラー、アドバンスも)、メガドライブ、PCエンジンなどの古いソフトを1度差し込むと読み込んでカセットを抜いても遊べてしまう素晴らしいもので今のテレビに繋げる規格、HDMIにもばっちし対応。

昔から家にあったゲームが今のテレビでキレイに遊べるようになりました!しかも当時のバッテリーバックアップというゲームの途中経過を保存する仕組みがあるのですがそれも引き継いで遊べるとう至れり尽くせりな事に。

で今回のドラクエも最近レトロフリークで遊べたのでレビューができました。
この説明をしたいために少し遠回りしましたがw

ドラゴンクエスト、略してドラクエ。
日本人なら知らない人はいないぐらいの有名なタイトルです。最近11も出て話題になっていました。

パスワード

ドラクエは電源を切るとデータが保存されないので途中まで頑張ってプレイしてもパスワードをメモしないと続きから遊べません。ノートに書き間違えてしまうと一大事でした。

今はスマホのカメラで撮影出来るのでノートに書き綴る必要はありませんがレトロフリークは、なんと中断しても、その状態をまるごと保存出来るのでわざわざ王様にふっかつのじゅもんを聞きにお城まで戻る必要がありません!これはかなりゆとりな気がしますがw

・・・ドラクエの記事ですが、そこまで記事にする内容がなく、レトロフリークというハードの紹介でなんとか埋めてみましたw

1986年に初めてファミコンで登場したドラクエはカニ歩きやコマンドも話す向きを選ばないと話せなかったり、今から遊ぶとなると大変ですが、当時を思い出して遊ぶのには楽しいかも知れません。ふっかつのじゅもんをメモしなくても良いのが何より。良い時代になりました。

ちなみにこのゲームのふっかつのじゅもんは、最近作ドラクエ11でも使えます。
最初からお金と少し良い武器が手に入った状態から始める事ができます。
※ゲームを途中まで進めているセーブデータからは増えないのでご注意を。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ファミコン ドラゴンクエスト【メール便可】【RCP】
価格:600円(税込、送料別) (2017/12/14時点)






【ヤフーショッピング:広告】

コメントを残す

*